なぜ東京大阪間の高速バスは予約がとりづらいのか

なぜ東京大阪間の高速バスは予約がとりづらいのかといえば、ひとえに人気があるからです。
人気がある理由は、いくつかありますが、まず、やはり、料金が安くおさえられることです。
4列シートのスタンダードタイプなら、新幹線料金の3分の1程度、デラックスタイプやレディースタイプなどの特別仕様のバスでも半額程度で利用できます。
大きなお金を使えない学生さんや、交通費の予算を抑えて観光やお土産代に使いたいといった方、経費を浮かせたいビジネスマンには助かるのではないでしょうか。
次に無駄な時間を省けることが挙げられます。
寝ている間に移動してしまったほうが効率がいいでしょう。
また、大半の夜行バスが23時台に出発しますが、所要時間は便によるものの、およそ7時間45分で、早朝7時台には到着できます。0-30.jpg
これなら朝から観光にたっぷり時間が取れますし、ビジネス利用でも朝9時に仕事がスタート可能です。
もし、始発の新幹線で出発するとなれば、朝4時起き、5時起きをせねばならず、起きるのが大変な方もいるはずです。
そのため、夜に出発したほうが体も楽で、時間の使い方の効率もいいのです。
このようにメリットが多いため、多くの方が早期に席を確保しようと動き、なかなか予約が取れません。
ですが、こうしたメリットがあるのですから、ぜひとも高速バスを利用したいところです。
予約を確実にするには、予定が決まったらなるべく早く予約を入れることが第一条件です。
日程が迫っているときはスタンダードタイプの利用を考えてみましょう。
安いので直ぐに埋まるケースもありますが、意外にもレディースバスやデラックスシートに人気があり、安い席が残っているケースがあります。
また、可能であれば連休などを外し、平日や普通の土日に大阪行きの計画を立てるようにしましょう。
大阪では最近、大阪城のライトアップが行われるなど夜も賑わいを見せています。
水都構想が盛り上がる中、昼間は堂島川や寝屋川などを通って中之島公園や大阪城公園などを巡る、水上クルーズがおすすめです。

東京大阪間の高速バス一覧
高速バスinformation
高速バス24
阪急バス
阪神バス

最近のブログ記事